サムライ榊原健太郎氏アップデート

sサムライインキュベート代表の榊原健太郎氏は2014年の5月、スタートアップ大国イスラエルに進出。それまでの日本国内での投資事業と並行して、イスラエルと近郊国のスタートアップ企業への投資を開始しました。

イスラエル上陸後の進行状況

 ―― イスラエルにいらした当初、5年間で100社のスタートアップに投資しようという目標を掲げていらっしゃいましたが、その後の進行状況はいかがでしょうか。

現在までに投資した企業は30社です。この30社でファンドを使い切って、まだ目標まで残り70社あるのですが、今はそのための新しいファンドを作っているところです。このファンド作りは来年の3月くらいまでかかります。日本の大手企業も参加を見込んでいます。

―― その間、榊原さんは日本にいられる時間が多くなると思いますが、現地は大丈夫ですか。

片腕となってくれている従業員を含めて、現在イスラエルには6人の現地従業員がいますので大丈夫です。

―― 投資した会社は、その後どうなっていますか。

ファンドは10年期間がありますし、シードの投資だと結果が見えるまでには時間がかかりますので、まだまだこれからです。

強まった日本とイスラエルの関係

―― 3年前と比べて、日本とイスラエルの関係はどう変わりましたか。

日本のイスラエルへの理解度がずいぶん増したと思います。最初は中東ひとまとめで、危険だとだけ思われていたのですが、2015年1月の安倍首相のイスラエル訪問以降、両国間のビジネスはますます発展しています。日本の民間企業のイスラエルへの投資は2011年に3億円だったものが、2015年には52億円、2016年は222億円あり、急速に増えてきています。

samurai 2

それでもまだ日本のR&Dはほぼできていません。例えばイスラエルでは日本車がたくさん売れていますが、R&Dはまだまだなんです。

―― 日本のスタートアップで、イスラエルへ進出してくる企業もありますか。

ありますが、イスラエルのスタートアップと比べると本気さはまだこれから。イスラエル企業は日本市場に本気で入ろうと思ってやってきますよね。

 日本は大手企業だからこその良さもある

―― 日本でも働き方の多様化志向が見られていますが、日本人の親には、子供を起業家にしようという人はあまりいないようです。

日本でも起業家が増えてほしいと思う反面、みんなが起業すればいいというものじゃない。大企業の中で活躍すれば、もっと大きく動かせるわけですから、スタートアップよりも良いこともあります。

 日本市場へ進出するための鍵

―― 日本企業とのコラボレーションを目指しているイスラエル企業からはよく、うちの技術を欲しいとは言うが、日本企業は実際の取引きになかなか進展しないという感想が聞かれます。企業のトップが認めても技術担当者がついてこなかったり、技術者が欲しがっても、トップがテクノロジーを理解しなかったり。

パートナーになってくれる日本企業を見つけるのが難しいというのは、交渉相手を間違っている場合が多いです。イスラエルのスタートアップの場合、最適な交渉相手とは、CTOの直下あたりで、決定権を持っている人でしょう。そういう人を探し当てて交渉しないといけません。

イスラエルから見れば、なかなか動かないと言われる日本の大企業でも、適切な相手と話せば、数カ月以内に多額のプロジェクトが動くことだってあります。そういう決定権を持った人と話すことです。

 逆に、イスラエルの技術を欲しい日本企業の中でも、真剣なところは自腹を切ってやってきますよ。

投資家になったきっかけ

―― 今は投資家として活動されていますが、そもそも投資家になろうと思われたのはどうしてですか。

国内のベンチャーでの経験のほかに、カンボジアへボランティアに行った経験があって、それにとてもやりがいを感じたことがあります。お金を追って仕事をしても、一度お金を手に入れてみると、それが究極の目的にはなり得ないことがわかりました。

社会をよりよくしたいと考えたときに、私が会社を一つ起こして社会に影響を与えるよりも、投資家なら複数の起業を支援して、一度に100人、1,000人単位で人を動かすことができる。その方が社会に影響を与えるスピードはずっと速くなります。基本的にはもっと会社が増えれば、社会が豊かになる。そうなると一般の人の生活も豊かになって笑顔が増えると思っています。

サムライの描く未来像

「それでは、この先の夢を教えてください」とお聞きすると、すかさず「ノーベル平和賞です」と答えが返ってきました。「獲れますか」と聞くと、「獲れます」と。実はこの答えの意味しているものは、その先にあったようです。

多くの現実問題を原動力に新しいものを産み出していく、愛国心溢れたイスラエル人と、戦後70年、安定した平和な国を築き上げながらも、ドライさもある日本人。正反対の相手から、お互いに学べるものは多いのかもしれません。

最後に榊原さんは、ノーベル平和賞ならぬ「サムライ賞」を作って、世界をより良くした人に贈りたいといつもの笑顔で結びました。まさにその笑顔で世界を結びながら、日本のサムライは国境を越えてさらなる世界へと羽ばたいて行きそうです。                          (2017年5月 シャヴィット・コハヴ)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s